メニエール病は完治する?おすすめの治し方

 

メニエール病は完治できるか?治し方はこちら

メニエール病になっても仕事を続けることは出来るの?

 

メニエール病だと診断されてしまった時、これから先、仕事を辞めずに続けることは出来るのだろうかと不安になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか?めまいの症状などがひどいと、仕事にも支障が出てしまうため、退職をせざるを得なくなってしまうのではないかと考える人は多いです。

 

ただ、自分では判断をすることが出来ないのですから、メニエール病だと診断されてしまったのであれば、まず会社に相談をするようにしてください。

 

その仕事の業種によって違ってきますが、仕事中にメニエール病によるめまいなどの症状が出てしまったら、少なからず仕事にも支障が出てしまうことは間違いありません。しかし症状というのはいつも出てしまうというものではないですから、症状が出ていないときは普通に仕事が出来ます。

 

ただ、いつ症状が出てしまうか分かりませんし、症状が出たら会社にもサポートをしてもらわなくてはなりません。ですので、まず会社の上司にメニエール病の相談をするべきなのです。自分で先にメニエール病に発症してしまったことを相談したほうが、印象もよくなります。

 

メニエール病だということを内緒にしていて、仕事中や出勤前などに発作が出てしまってからでは印象も悪くなってしまうでしょうし、サポートもしづらくなってしまいます。ちゃんとメニエール秒についてちゃんと説明をしておけば、いきなり退職させられてしまうという可能性も低いでしょう。

 

部署全体でサポートをしてくれたり、体に負担がかからない部署に移動させてくれたりする可能性が高いです。また、メニエール病の症状の発作の頻度、どのような症状が出てしまうのかなどについても具体的に説明をするようにしたほうが、スムーズにサポートをしてもらうことが出来るようになるでしょう。

 

メニエール病の発作のタイミングというのは、はっきりと分からないものですから、上司だけに説明をして理解をしてもらうのではなく、同僚たちにもメニエール病について説明をすることや、もし発作が出てしまったときにはサポートをしてもらいたいということをお願いしておくようにしたほうがいいでしょう。

 

内勤の仕事であれば、仕事をしているときにもし発作が出てしまったとしても、そこまで周りに迷惑をかけてしまわないという事もあります。あまり深く考えすぎてしまうと、それがストレスになってしまい、発作も起きてしまいやすくなってしまいますから、あまり深く考えないようにしましょう。

 

ただし、メニエール病になってしまっていると仕事を続けることが難しい業種があることも事実です。例えば、大工やとび職などの場合、高いところで仕事をしなくてはならないわけですので、もしも仕事中に発作が出てしまったら、転落してしまう危険性が高いです。

 

この他にも、運転をすることが仕事内容になっている場合、運転中に発作が出てしまう可能性も高く、事故を起こしてしまうこともあります。自分で判断をすることも難しいですから、このような職業で働いている人も会社に相談をすることをしましょう。

 

 

メニエール病の治療について

 

吐き気やめまいの症状が何度も起きてしまう病気のことをメニエール病といいます。また、メニエール病を発症してしまっていると、軟調や耳鳴りなどのような症状も現れやすいです。人によっては数分程度でメニエール病によるめまいが治るということもあるのですが、人によっては一回症状が出ると数時間はめまいに悩まされてしまうということもあります。

 

さらに1回しかメニエール病を発症しないという人もいれば、何度も症状が出てしまっているという人もいます。なお、男女別で見ると、女性のほうがメニエール病を発症している人が多くなっており、その中でも30代〜50代の人が発症する傾向があります。何度も発作が出てしまうと、軟調や耳鳴りの症状が慢性的に起きてしまうという事例もあります。

 

診断方法
メニエール病と同じような症状が出ているかどうかを調べたり、何度も耳に閉塞感を感じたり難聴などの症状が現れているのかなどを調べながら、総合的にメニエール病かを診断することになります。メニエール病の研究は行われているのですが、まだメニエール病を完治するための方法というのは存在していません。

 

ですので、基本的に対症療法によって治療が行われることになります。なお、短いスパンで再発をしてしまっている場合、内耳にたまってしまっているリンパ液を排出させる手術で治療をしていく場合もあります。メニエール病の中には栄養障害によって引き起こされているものもあります。

 

この場合、血液検査の結果を診ながら栄養や食事などで治療をしていくことになります。この治療法のことをオーソモレキュラー療法といいます。めまいというのは、そのほとんどが原因が分かっていません。耳に問題が生じて、めまいの症状が起きているのではないかといわれているのですがはっきりとはしていません。

 

ただ、めまいの症状の中には、潜在性鉄欠乏症を発症してしまっている人が多いということもあることから、体の中の鉄分が少なくなってしまっていることで、潜在性鉄欠乏症になってしまい、最終的にメニエール病になってしまっているのではないかという説もあります。

 

このような潜在性鉄欠乏症が認められた場合、オーソモレキュラー療法で、改善をしていく治療が取り入れられるケースもあるのです。ただ、めまいなどの症状があるからといって、必ずしもメニエール病だとは限りません。

 

自分ではメニエール病だと思っていても、調べてみたら腫瘍が脳に出来てしまっていたことが原因になってしまっていたということもあるのです。ですので、メニエール病なのか、他の病気なのかを調べるために脳を検査するということもあります。ただ、まだ若いのにめまいの症状が出てしまっているのであれば、潜在性鉄欠乏症によってメニエール病になっている可能性が高いといえるでしょう。

 

カルシウムグミについて

 

カルシウムグミというのはサプリメントの一種であり、カルシウムを補充するグミとなります。身長を伸ばしたいという子供が基本的に飲むサプリメントですが、どうしてカルシウムグミによって身長が伸びるのか説明します。

 

まず、仕組みを知る前にこのカルシウムグミの評判について知っていてもらいたいのですが、「お菓子のように食べることでカルシウムを摂取することが出来る」「牛乳が嫌いな子供でもカルシウムグミなら食べるので助かる」「娘が自分の身長を抜かした」といったような評判になっております。

 

カルシウムが不足しているお子さんにとっては確かにお菓子のように食べられるのでオススメでしょう。そもそも子供の成長過程において必要不可欠な栄養素といえばカルシウム、マグネシウム、亜鉛などが代表的ですが、これらをバランスよく摂取することで成長が促進されます。

 

そもそも日本人はカルシウムが常に不足しているといわれておりますがこのカルシウムグミがあればカルシウムを補うことができます。

 

また、このカルシウムグミに関してはカルシウムだけで作られているのではなく、カルシウムの働きを効率よくするためにビタミンD、マグネシウム、たんぱく質、亜鉛なども含まれています。どれも成長する上で必要な成分と言えますのでオススメです。

 

さらにグミタイプというところがポイントであり、錠剤が飲めないという子供でもお菓子のように食べる事ができます。グミなので弾力性もあり噛む力も強くなるはずです。是非、子供の身長を伸ばしたいと思っている方は試してみてはいかがでしょうか。参照:子ども向けサプリ@子どもの成長サポートにおすすめ

 

慢性的な疲労にオススメなのは

 

疲労が溜まって疲れが取れないという方は多いと思います。よく寝てるのにどうして疲れてしまうのか、どうすれば予防できるのかと考えている方はいらっしゃると思いますが、そういう際にもミネラルは非常に効果的になります。

 

しかし、ミネラルも非常に種類が多いのでどのミネラルを摂取すればいいのか迷うと思います。ですので、今回は疲労に効果のあるミネラルを紹介します。

 

まずマグネシウムですが、これは疲労物質を除去するという働きを助ける作用があります。たんぱく質の生成を促すので疲労に効果が出てきます。また、あさりや焼き海苔、ごまなどに含まれて居ますので疲れている方はバランスよく摂取してみてください。

 

また、摂取しすぎてしまうと逆に体調が悪くなってしまう可能性もありますので、そうならないように適度な量を考えて摂ることが大事になります。

 

次に鉄分ですが、鉄分が不足することでだるさや疲れやすさを感じる事になります。ですので出来る限りレバーやひじきなどを摂取して鉄分を補って下さい。また、鉄分が不足することで鉄欠乏性貧血になったりする可能性もあります。

 

しかし、過剰摂取をしてしまうと頭痛、めまい、肝臓系の異常が起こる可能性があります。
無理をして摂取しすぎるということ以外に過剰摂取をするということはほとんどありませんので、適度に摂取しましょう。

 

また、ミネラルに関しましては基本的にどれも過剰摂取をすることで悪い影響が出る場合が多いので併せて覚えておきましょう。こちらを参考にミネラルサプリに副作用ある?おすすめランキング

 

 

更新履歴